ここまで来たネット時代の結婚式

ゲストがその場にいなくても成り立つ結婚式

結婚式といえば、新郎新婦に縁のある人が集う場です。親戚一同であったり、小さいころからの友人たちであったり、職場でお世話になっている人たちであったりと人生の中でつながってきた人たちを招待してもてなす、招待された人たちは新郎新婦を祝福するというのが一般的な結婚式のスタイルですが、ネットが普及した現代ではそのスタイルも変わりつつあります。スマホやタブレットさえあれば挙式や披露宴の場にいなくても参加することができるのです。遠くにいる親戚、海外にいる友達、家庭の事情で外出ができない人などお祝いしたいけど近くでお祝いできないと泣く泣く不参加の決断をしなくても済みます。一生に一度の結婚式ですから、できればお祝いされたいしお祝いしたい!という思いがまさにネット時代だからこそ叶えられるのです。

結婚の道のりはホームページ作りをしながら!

ネット社会だからこその最先端サービスとしてじわじわと広まってきているのが新郎新婦のためのホームページです。すでに海外では定番になりつつあるこのサービスは、これから結婚する二人の足跡ともいえるようなホームページを作ってくれるサービスです。いわばウェブ招待状のようなもので、そこには二人の挨拶、プロフィールや生い立ち、なれそめなどがアップされていきます。ゲストはそれを見て二人のことを知ることができます。また、挙式披露宴会場についてのお知らせや、二次会の案内、出欠席に至るまでそこで管理することができるのです。準備段階から結婚式当日、そして終了するまで道のりがそのページを見れば一目瞭然です。ゲストが書き込める機能もついていて二人だけでなくみんな作っていくような温かいホームページが出来上がります。ネット社会ならではのサービスなのです。

結婚式のスタイルは様々ですが、近年は2人だけで挙式のみ行うというスタイルが増えつつあります。それに応じた結婚式場も増え、プランやオプションも豊富に用意されています。